賢く借金返済する方法

賢く借金返済する方法

借金返済問題の解決は自己分析から

こちらのサイトは、借金返済で悩む人達に役立つ知識を提供できれば、との思いによって作成されていて、借金問題を色々な視点から切り開き、解決までを考えています。

借金をする人かの自己分析 借金返済の問題を抱えてしまう人は、自己分析をしっかりと行えていない場合も多く、まずは自分が借金をしてしまう人間なのか、そうでない人間なのかを見極めてみてはいかがでしょう。

借金をしてしまう人、そうでない人にはハッキリとした特徴がありますので、まずは自分の自己分析からです。

また、借金の返済を催促する取り立ては時に厳しいことがあって、あまりの状況に精神的にまいってしまうこともあるかと思われますが、本来取り立てはルールに則って行わなければならないものなので、そのルールを覚えてルール無視が発覚した時には毅然とした対応で臨みたいものです。

ちなみに、借金返済を催促するための取り立て方法は貸金業規制法と言う法律によって制限をされています。 例を挙げれば、真夜中や朝早い時間帯に債務者に借金の取り立てを行う行為、債務者の勤め先にむやみに借金返済に関する連絡をする行為などは禁止されています。 この借金の取立てに関する貸金業規制法に違反した場合は罰金もしくは懲役刑となるので、違反時の処罰はかなり厳しいものが適用されます。

様々な解決手段があります

借金返済の悩みの解決方法には色々な手段があって、自分で解決をする方法もありますし、専門家に借金問題を相談する方法もあります。 自分で解決するか、専門家に相談するかの分岐点、旦那にばれずに借金を返済する方法などについても触れていますので、ぜひご覧ください。

さらに、借金といわれれば、つい払わなければならないという固定観念を植えつけられてしまうものですが、過払い金のように払わなくてもよいお金もありますので、それらの知識を踏まえて借金の返済額を軽減する努力もしましょう。

自己破産を視野に入れて取り組む場合も、決して安易な気持ちで判断してはならず、自己破産後の自分をしっかりと見据えた上で取り組んでいくべきです。 また、いざ自分で借金返済をすることになったら、無駄を省いたり収入を増やしたりする必要もあるかと思われますが、その際の対応策などについても触れていますので、こちらも参考にしてみてください。

このように借金返済というワードから枝分かれしていく様々なポイントについて解説しているのがこちらのサイトになりますので、それぞれ詳細ページにて自分の状況と照らし合わせながら確認してはいかがでしょう。

借金返済は効率的な手段を採用すれば、大幅に返済総額を減らすことができます。 一方、誤った返済方法を採ってしまうと、かなりの損をしてしまうことになります。 当サイトの記事を参考にして、あなたの借金のケースにあった効果的な借金の支払方法をぜひ見つけ出してください。

(参考)
債務整理ガイド【借金返済の解決方法】

借金が自分の年収額を超えた時はパニック

私が最初借金をした理由は友達と遊ぶお金が欲しかったからです。 私の友達は結構いい会社に勤めているので、遊び方もかなり派手でした。 しかし、私は普通の会社でのOLなので給料もそこまでではありません。 私は友達に誘われるがまま遊び、お金を使っていきました。

そのうち給料だけでは足らなくなり借金をしてしまったのです。 最初は「借金」というものにビビっていて、給料が出るとすぐに返していました。 そのうち給料の半分くらい借金返済に当てなければならなくなりました。 そのため給料日に借金を全て返済するのですが、「結局給料日の一週間後にはまた遊ぶお金が欲しくて借金をする。」というの繰り返しをしていました。 段々、借金額が給料額を超えるようになってしまいました。

その頃には給料が出ても借金を返すという考えは無くなっていきました。 給料日に返済してもそのあとお金がなくて借りるなら、そのままでもいいのではないかと思い出したのです。 さすがにやばいと思い出したのは、借金額が私の年収額を超えてしまった時にです。 そんな状態ではもう私一人では借金返済をどうすることもできませんでした。

一人で抱える事が出来なくなったため、私はその時初めて両親に借金返済のことを相談しました。 両親にはかなり怒られましたが、両親は返済のためのお金を貸してくれました。 そのお金で借金を全額返済しました。

ですが、借金がなくなったわけではなくお金を返すところが両親に変わっただけです。 金利のことを心配する必要がないため毎月の返済額はとても少ないですがコツコツと返しています。 [追記]

私は、車を持っているのですが、維持費が掛かるので車売却を決めました。 車を売却すれば、そのお金を返済に充てることもできますし、ガソリン代や車検費用も不要となります。 今思えば、もっと早い段階で車を売るべきでした。 会社への通勤は自転車で行ける距離なので、車を売った後は、自転車通勤にしようと思っています。

※経済関連の話題

豪総選挙 開票始まる 与野党接戦か 18:19:09 06/29
韓国次期駐日大使「日韓関係安定にまい進したい」 15:31:08 07/03
人質事件受け 日本企業に安全確保の動き広がる 07:10:26 07/02
メール問題 FBI クリントン氏の訴追求めない 06:49:51 06/29
クウェートでもテロ計画の5人摘発 各国警戒強める 03:56:33 06/28
宇宙飛行士の大西さん ソユーズであす宇宙へ 01:03:01 07/04
イランを代表する世界的な映画監督 キアロスタミ氏死去 01:51:24 06/30